ビビンコと飼い主の日常

このブログは、元拾い猫のビビンコ♂と飼い主の日常を記録する気まぐれブログである。

共同生活スタート。

いやあ、毎日更新するつもりが1週間もサボってしまったw

まぁ仕方ない、これからはマイペースに更新していきます。

まだ誰も見てないしね♬( ^ω^ )

 

タイトルにもある通り、

今回は、ビビ拾ってからの話を書きたいと思います。

 

結局、工場に迷い込んだビビを連れて帰る事になった俺。

ビビはその日の雨でびしょ濡れ、そして凄い汚れ。

ガリガリな状態で、猫というよりキツネみたいな風貌だった。

俺は定時で仕事をあがり、車内で嫁に連絡した!

 

「今日、猫を連れて帰ることになった!」

 

 

会社から家まで車で約50分

ダンボールに入れて持って帰ったが、

中でニャーニャー鳴いている。

嫁も電話越しにビビの鳴き声が聞こえたようで、

最初嘘と思っていたが、本当に猫を連れて帰っている事を確信したようだった。

 

家に着いた後、すぐに近所の動物病院に連れて行った!

書き忘れていたが、ビビは寒がっていたのかずっとクシャミをしていた。

病気だったら大変だと思い、獣医さんに診てもらおうと思ったのだ。

診察の結果、猫風邪だった。

あとビビの年齢は0才生まれて1か月というところだそうだ。

そのあと、体についているノミを駆除する為、「フロントライン」という

薬を体に数滴落とした。

 

すると、

体中から物凄い数のノミが苦しみながら出てきた!!

これには焦った。

あと泥汚れと思っていたビビの体の汚れは、獣医の先生曰く、ノミの糞との事だった。

やばい、真実を知った途端、吐きそうになった・・・

でもその他には寄生虫等も見当たらず、不幸中の幸いだった。

その日は猫風邪の薬を処方してもらい、先生からは、

 

「ご飯は1日5食あげて下さい。じゃないと命が危ないです。」

 

・・・脅されてるのか?

と思ったが、それだけ深刻だという事か。

帰りにキャットフードを沢山買おう!

猫は魚を食べてるイメージがあるが、

魚より鶏肉の方がエサとして合っているとの事だった。

猫の魚好きというのは、某国民的アニメの歌詞の影響が強い。

 

というか、その前に・・・

俺の家にはビビの住むケージがない!!

 

病院の帰りにイオンのペットショップでエサとケージを購入。

幸いな事に、子猫を買う為に水のみやらエサ入れやらがセットになった

商品があった!お得だ。

そういうのをもろもろ合わせて、合計約3万円くらいした。

ちなみに病院の初診・処方箋は約2万円

猫だけでは無いと思うが、ペットを飼うってやはりお金かかるなぁ。

 

ペットショップから車に戻ると、ビビはダンボールの中でウ●コをしていた。

めっちゃ臭っ!!!

猫のウ●コってこんなに臭いのか・・・(*_*;

いろいろ勉強になった。

嫁は実家で2匹の拾い猫を飼っていた事もあり、

かなり扱いには慣れていた。有難い!

俺は犬飼ってたし、それなりに動物の扱いには自信はあったが、

初日から全然ダメだった。こんなんでこれから大丈夫か?

 

てか、俺のアパートはペット飼えないじゃねえか!!!

忘れてたよ、どうしよう・・・

その日はどりあえずケージを組み立てて、

薬とささみ肉を食べさせた。

ビビはケージの中ですぐに寝てしまった。

よっぽど疲れていたのだろう。

俺も疲れてその日はもう何も出来なかった。

 

 

次の日に嫁と話し合い、譲渡会に持っていくという話も出たが、

結局、ゲージの中で飼い続ける事に決めた。

そして奇跡的な事にその後すぐに住んでいるアパートの

ペット飼育の許可が出た。

本当に奇跡だった。すぐに手続きして一緒に住むことを決めた。

 

そこから俺とビビとの共同生活が始まったのだった!

※長くなってしまい、後半はすごいペースで話が進んだねw

 

初心者なんで、許して下さい。

 

ペットを飼おうとしている方!

犬、猫を飼うという事は想像以上に大変です。

犬にも猫にも性格があります。好き嫌いももちろんあります。

言う事を聞かないときもあります。怒りたくもなります。

けど、一度飼うと決めたからには簡単に諦めないで下さい。

ビビは俺がいなかったら死んでいたと思います。

せっかく助かった命、もう2度と捨てたりしません。

だから皆さんも少し嫌な事があったくらいで捨てないで下さい。

自分の子供だった頃、親の言う事を完璧に聞ける子でしたか?

そんな子供は絶対にいません。成長と共に色んなことを学ぶのです。

大切なペットと一緒に幸せな時間を過ごしてほしいと心から思います。

 

以上。

 

次は、その後のビビとの生活を書こうと思います!

f:id:bibinko:20201017223047j:image

↑拾ったばかりのビビ。